岐阜にあるヤマガタ? 透き通る水が流れる山奥で生まれる手紡ぎのような糸「fuwaco(ふわこ)」 | fuwaco

2017/05/05 00:00

自社工場内で「がら紡機」という昔ながらの製法を用いて”がらがら”と音を立てながらゆっくりと紡いだ、素朴で柔らかい風合いの「fuwaco(ふわこ)」の糸を作っています。



前回に引き続き、工場がある岐阜県山県市について。初見では読みにくい山県(ヤマガタ)市は、昔から山に囲まれいたことからこの名前になったそうで、今でも豊かな自然に囲まれています。

今回は綺麗な水の景色と、地元で100年以上続く臼井とうふ店さんを紹介。何もないと言えば何もない場所だからこそ生まれる、当たり前の景色と必要とされる人。糸が生まれる背景として、山県の魅力を紹介します。

透き通る水。鮎釣りができることからもその綺麗さは折り紙つきで、こんな場所だからこそ生まれ、地元の人に愛され続けている豆腐屋さんがあります。

その名も臼井豆腐店さん。豆腐が美味しいのはもちろん、がんもやザル豆腐、厚揚げやおからドーナツなども人気で、オーソドックスな昔ながらの味で100年以上続く老舗です。

 

 

美味しさの秘訣は、使用する豆の配合や製法のこだわりもありますが、特に特徴的なのが井戸水を使っていること。当然、冬場になると寒さの厳しい山県で続けるのは大変だったと思いますが、その理由が素敵です。

”昔はどこも、自分で作ってて。作り続けてたら、豆腐屋になっていたんです。”

必要とされるから続けているし、続けられる。ゆったりと流れる山県の透き通った水のように、乾いたところに流れ潤す存在。支えあうことが生きることになっている、昔ながらの温かさを感じます。

 

臼井豆腐店

住所 岐阜県山県市谷合1294-2 
TEL 0581-55-2652 
営業時間 AM7:00~PM8:00
定休日 年中無休